社会保険労務士 合格率

緊張しない理由。試験会場入りは鼻歌まじり!?

「フォーサイト」の通信講座で勉強し、目標に定めた1000時間をクリア。途中、モチベーションが落ちそうになる場面はありましたが“初志貫徹”。迷ったとき、悩んだときは「フォーサイト」のテキストを読んで、その都度、助けてもらいました。

同じテキストを何度も繰り返して基礎知識の修得に努め、過去問講座などで本試験対策は万全。いよいよ本試験が近づいてきました。まったく不安がなかったわけではありません。それでも、痒いところに手が届く「フォーサイト」。『合格必勝編』で落ち着いて準備ができました。
「本試験1ヶ月前には必ず模擬試験を受けよう!」「試験直前の実力アップ作戦!」は、これまで続けてきた勉強に関する最終段階のアドバイス。「精神力増強作戦!」「本試験事前準備」は、いわばメンタル面のアドバイス。ここまで受講者を気遣ってくれる、本当に良きパートナーなのです。

試験前日の持ち物チェック、アクセス確認などは見逃しがちなので、改めてアドバイスを受けると、落ち着いて準備ができますね。「会場に着いたら」「本試験が始まったら」、そして「試験後の正しい過ごし方」までアドバイスしてくれるのは「フォーサイト」だけ。いい意味で緊張感を保ちつつも、リラックスして本試験に臨めたことを感謝しています。さすがに、鼻歌まじりとは行きませんが、実力は存分に発揮できました。

同じように自信を持って、大勢の人が机に向かっています。現実は厳しいもので合格率は10%に届きません。それでも私は、「フォーサイト」のお陰でその中に入ることができたのです。その後、自宅に届いた合格証書を眺め、改めて大きな達成感と喜びをかみ締めました。
晴れて「社会保険労務士」になったからには、十分にその資格を生かしたい、今まで以上に強く考えるようになりました。ただ、焦る必要はありません。新たなスタートラインに立ったつもりで、自分の将来像をイメージすることから始めました。